スリープが勝手に解除されるのはノートンのせいだった?

少し前からだったと思います。
ノートパソコンがスリープ状態から勝手に解除されるようになりました。

使い終わって画面を閉めて、何もしていないのに勝手に起動。
夜はファンの回る音がうるさくて困ります。
本体も熱を持って熱くなっていました。

ググってみても、いまひとつこれといった解決法が見つからず。

ふと思いました。
本当に、ふっと。
ポップアップの画面が悪さをしているんじゃないか。

ノートンから、ストレージが不足だといつもメッセージが出ていました。
ノートン スリープ 解除
で検索してみたらヒット。

タスクスケジューラを起動します。
taskschedularnyuryoku

場所がわからない場合は検索すると出てきます。

タスクスケジューラを起動したらエラーが表示されました。
taskimagehason0x80041321

タスクイメージが破損しているか、または変更されています。
(HRESULT からの例外:0x80041321)

エラーの原因はわかりません。
エラーの数だけきっとこの表示が出てくるのだと思います。
何度もOKをクリックしていたら消えました。

Remendiationフォルダの中にある
AntimalwareMigrationTask
を右クリックしてプロパティを確認。

taskantimalwaresettei

タスクを実行するためにスリープを解除する

という項目にチェックが入っていました。
勝手に解除していたらしいです。

スリープを解除するために参考になったサイトです。
→ 30分毎にスリープを解除してタスクを実行される現象

パソコンを守るためのソフトがエラーを引き起こしちゃっていたのかな。
やめてほしいー。
ポップアップのせいではなかったけれど、それがヒントになって解決のキーワードになってよかったです。

と、思ったら・・・

やっぱりスリープ解除されてしまいました。
30分かかっていないです。
5分くらいでスリープ解除。

作業無駄だったかー・泣

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク